アニメ「めぐみ」上映会(終了 資料等公開)

北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメの上映会

昭和52年、当時中学1年生だった横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致された事件を題材に、残された家族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いた25分のドキュメンタリー・アニメです。
このアニメは、漫画「めぐみ」(原作・監修:横田滋・早紀江、作画:本そういち、出版社:双葉社)をモチーフとして制作しました。制作に当たっては、日本俳優連合の多大なご協力をいただき、また、声優の方々もボランティアで出演してくださっています。

このアニメを一緒に見て、日本人として何ができるのか、一緒に考えてください。

【とき】令和元年11月17日(日曜日)13時30分~14時30分(アニメの上映時間は25分)
42年前の11月15日に事件が発生しました。
【ところ】泉南市立樽井公民館 3階多目的ホール
【申込み】事前申込みなし 当日先着150名様、無料

関連リンク 拉致対策本部

上映会ポスターの画像

アニメ抜粋画像

上映会チラシ(PDF:422.7KB)

当日の画像資料等公開

当日のアンケートの結果、実施状況の説明、配布した資料をダウンロードできる外部サイトなどを公開します。

アンケート結果(一部)

  • 拉致された時の状況がアニメで良く分かりました。一刻も早い解決を願います。
  • 初めて体験することばかり、心に強く残りました。
  • 未だに拉致問題が解決していない現状であり、大変とは思うが、政府は一刻も早く解決してほしい。
  • 家族の方々も、年々、年を取ってくるので、一刻も早く帰国が実現してほしいです。
  • アニメは、改めて胸が詰まりました。北朝鮮向けのラジオ放送があるのを初めて知りました。

 

実施概要

上映終了後、涙ぐんでいる方もおられました。いつまでも心に余韻が残り、拉致問題について、より真剣に考える機会になったと思います。

当日は、日本政府が放送している北朝鮮拉致被害者向けラジオ放送「ふるさとの風」も放送しました。(第26回 9月23日~9月29日分の一部)

これにより、拉致問題の最近の状況、政府活動の一端をお知らせできたと思います。

上映会の様子

上映会開始前の画面

上映会途中の様子

当日配布した資料

当日、内閣官房 拉致問題対策本部事務局から提供を受けた下記資料を配布しました。

  • 「北朝鮮による日本人拉致問題-一日も早い帰国実現に向けて!‐」(平成30年度版)
  • 「すべての拉致被害者の帰国をめざして -北朝鮮側主張の問題点-」

これらの冊子は、下記のリンクからダウンロードできます。

当日配付資料(拉致対策本部の啓発資料ダウンロードページ)

 

 

今後も、すべての拉致被害者を取り戻すため、自治体として全力を尽くして参ります。

私たち日本人一人ひとりが、日本人として何ができるのか

我がごと意識で考え、力を合わせて拉致問題に取り組んでいけるよう最善を尽くします。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
文化振興課
公民館係(樽井公民館)
〒590-0521大阪府泉南市樽井六丁目11番16号
電話番号:072-483-4361
ファックス番号:072-483-4380
e-mail:tarui-k@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。