泉南市立小中学校における修学旅行の中止について(お知らせ)

修学旅行には、平素と異なる生活環境の中にあって見聞を広げ、集団生活のきまりを守り、公衆道徳について望ましい体験を得ることなどの教育上の意義があります。

しかしながら現在、大阪府では感染者や重症者が増加し、大阪モデルのイエローステージに移行しています。また、全国的にも感染症終息に見通しが立っておりません。

このような状況下で、府県境を越えての修学旅行を実施すれば、

1.公共交通機関等での長時間移動

2.不特定多数の人々が集う施設等の見学

3.宿泊施設における通常よりも密になりやすい環境

4.遠隔地での緊急対応の困難さ

などのリスクが重なります。

したがって、市教育委員会は、児童生徒や教職員の安全を第一に考え、各市立小中学校に対し、今年度予定されている府県境を越えての修学旅行を中止することといたしました。

修学旅行を心待ちにしていた児童生徒の心情は察するにあまりありますが、どうか御理解の上、学校への一層の御協力をお願いします。

令和2年8月21日

泉南市教育委員会