金熊寺梅林の見ごろ情報(平成25年分)

毎週の梅林の開花状況をお知らせします。下に向かって情報が古くなりますのでご注意ください。

3月18日-終わりまじか

2013年3月18日月曜   終わりまじか。(写真撮影日:3月18日)

散っています。 今日の強い南風で、山頂付近はほぼ散ってしまいました。間もなく、梅の花の季節も終わり、桜の花にバトンタッチです。花が散った後には梅が実ります。梅干し、梅酒、梅ジュース、6月の収穫が楽しみです。梅林の歩道の脇には、オオイヌノフグリ、スミレ、タンポポなど、春の草花がかわいらしく咲いています。コートももう必要なさそうです。里山の散策には絶好の季節です。梅 の花は終わりですが、金熊寺には春がいっぱいです。

今回で、今年の「金熊寺梅林の見ごろ情報」の更新を終了します。どうもありがとうございました。来年も綺麗な梅の花が咲きますように・・・

3月14日-満開

2013年3月14日木曜 満開。(写真撮影日:3月14日)

満開です。ただ、昨日の強い南風で山頂付近は散りはじめています。 観梅には少し急いだ方がいいかもしれませんね。今日は近くの信達神社にも立ち寄りました。金熊寺梅林、信達神社は「大阪みどりの百選」に選ばれています。苔むした境内、池、参道、大きなナギの木、清らかな空気が漂っています。梅林にお越しの際はぜひお立ち寄りください。うまくいけば、森の精霊に出会えるかも知れません。

3月11日-満開

2013年3月11日月曜   満開。(写真撮影日:3月11日)

ほぼ 満開です。この前の土曜日が暖かったせいか、一斉に咲き始めました。今日は晴天、お花見には絶好の日です。晴れた日が続くといいですね。梅林には梅の花の甘い香りが漂っています。山頂からは霞みがかかったような梅林が一望できます。メジロもやってきます。みなさん、春の金熊寺にぜひお越しください。

3月7日-2分咲き

2013年3月7日木曜   2分咲き。(写真撮影日:3月7日)

山頂は、5分程度咲いています。(写真は山頂付近です。)ミツバチが待ちかねたように、梅の蜜をせっせと集めていました。きっとおいしい蜂蜜ができるのでしょうね。ふもとの梅は2分程度咲いています。今日は、南風。この風でさらに開花が進みそうです。週末には山頂で7分程度咲きそうです。週末、雨が降らないといいですね。見ごろは近そうです。

3月3日-1分咲き

2013年3月3日 日曜   1分咲き。(写真撮影日:3月3日)

3月3日、お雛様の日です。小春日和に恵まれ、ハイキングのみなさんで賑わっていました。山頂付近は、2分から3分咲いています。(写真は山頂付近です。) 天候にもよりますが、今週末はお花見によいのではないでしょうか。梅の花 の香り漂う金熊寺。お弁当をもってピクニックはいかがですか。

2月28日-咲きはじめ

2013年2月28日 木曜   咲きはじめ。(写真撮影日:2月28日)

今日は晴天、青空に少し冷たい風が心地よいです。つぼみ も膨らみ、チラホラと咲き始めました。梅ももうそろそろかなと思っているようです。早くもっと咲かないかなと待ち遠しいですが、なかなか思うようにはいきませんね。明日から水温む3月、忘れず春はやってくるので、皆様、もう少しお待ちください。

2月25日-つぼみ(ほころび始め)

2013年2月25日 月曜   つぼみ。(写真撮影日:2月25日)

つぼみがほころび始めました。 開花までもう少しです。3月にはいれば、天候にもよりますが、一斉に咲き始めるでしょうか。今日は晴天ですが、風はまだ冷たいです。ふもとでは、「ヒョウタン展」が開催さています。金熊寺にお越しの際は、「ヒョウタン展」にも ぜひお立ち寄りください。

2月20日-つぼみ

2013年2月20日 水曜   つぼみ。(写真撮影日:2月20日)

山頂の梅が、1輪2輪と咲き始めましたが、全体的につぼみです。和泉山脈もうっすらと雪化粧、水たまりには氷が張っていました。寒い日が続きます。春はもう少し向こうです。

2月13日-つぼみ

2013年2月13日 水曜   つぼみ。(写真撮影日:2月13日)

まだ、つぼみです。膨らんできていますが、少し遅れ気味です。しばらく、お待ちください。

2月7日-つぼみ

2013年2月7日 木曜   つぼみ。(写真撮影日:2月7日)

まだ、つぼみです。もうしばらく、お待ちください。

この梅林見ごろ情報は、泉南市産業振興課の職員が金熊寺梅林へ行き、梅林の開花状況を確認し、その職員の判断に基き更新します。

お問い合わせ
産業観光課
商工労働観光係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-8191
ファックス番号:072-483-0206
e-mail:sinkou@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから