泉南市の観光資源-自然・体験

マーブルビーチ (恋人の聖地)

恋人の聖地モニュメント

恋人の聖地モニュメント

白い大理石の浜辺が広がるマーブルビーチ!
空・海の青と大理石の白のコントラストが夏の昼下がりには一層輝きます。そして夕方には、「夕陽百選」にも選定された美しい夕陽を背に関空から飛び立つ航空機も見られ、フォトスポットとしても知られています。また、そのロマンチックな雰囲気から大阪府内では初めて「恋人の聖地」としての認定をうけました。

平成30年、「always with you」(いつもあなたと)と白く刻まれた「恋人の聖地」モニュメントが、「サザンぴあ芝生広場」前のビーチに設置されました。いっしょに過ごすかけがえのない時間が長く続きますようにと願いながら、カップルだけでなく、家族や友人など大切な人と訪れる場所として人気のスポットになっています。

〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜

アクセス

南海本線 岡田浦駅 徒歩10分

阪神高速湾岸線 泉佐野南出口より和歌山方面へ5キロ

泉南市総合交流拠点施設

(写真)サザンぴあの写真

マーブルビーチの「サザンぴあ」にぜひお越しください。
人々の憩いの場、ふれあいの場、また地域資源を生かした産品の提供、販売の場としてご利用いただけます。

芝生広場で、のんびりと過ごしたり、ビーチで散策を楽しんだ後は、サザンぴあで潮風に吹かれながら新鮮な海鮮料理などいかがですか。また、夕陽百選にも選定された夕陽や関空島の景色は、最高です。ご家族で、ゆったりとした時間を過ごすのもいいですよ。

住所

〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜4−201

アクセス

南海本線 岡田浦駅 徒歩10分
阪神高速湾岸線 泉佐野南出口より和歌山方面へ5キロ

開館時間

9時〜18時

定休日

水曜日(水曜日が祝日の場合営業)

問合せ先

サザンぴあ事務所

電話番号 072-482-0277

サザンぴあ

岡田浦漁港(ブルーツーリズム)

日曜朝市

昭和26年に第1種漁港として指定を受け、アナゴを中心に、イワシ、カレイ、ヒラメ等、100種類もの魚介類が年間300トン近くも水揚げされています。特にアナゴの水揚げは全国でも有数で、大阪湾の魚として広く知られています。
また、最近では、ブルーツーリズムの一環として、海岸の清掃や保全イベントの他、クルージングや地引き網体験、バーベキューなどもの観光産業へも力を入れています。

体験地引き網とバーベキュー
場所:岡田漁港周辺
人数:30名様からの予約
時間:10時30分〜

詳細については、下記「岡田浦漁業協同組合」サイトをご覧ください。

住所

〒590-0535 大阪府泉南市岡田りんくう南浜

アクセス

南海本線岡田浦駅から徒歩10分
阪神高速湾岸線泉佐野南出口より和歌山方面へ3キロメートル

問合せ先

岡田浦漁業協同組合
住所 大阪府泉南市岡田りんくう南浜
電話番号 072−484−2121
ファックス番号 072−483−3346

岡田浦漁業協同組合サイト

タルイサザンビーチ

タルイサザンビーチ

 関西国際空港の対岸に臨むタルイサザンビーチは、離発着する飛行機を眺めながら遊泳を楽しめる全国でも珍しいビーチで、毎年多くの家族連れやカップルで賑わい、暑い夏を盛り上げます。シャワー、ロッカー、水洗トイレなども整備されており、また開設期間中は毎日清掃されているので美しい白い砂浜がいつも海水浴客を迎えてくれます。青い海、青い空のもと海水浴を満喫した後は、お隣のマーブルビーチで美しい夕景を眺めながらゆったりとした時間をすごしてみるのもいいものです。

ウミガメ上陸、産卵について

2010年7月から9月にかけて、ウミガメの産卵・ふ化が確認されました。多くの子ガメたちが元気よく砂浜を駆け出しサザンビーチを旅立って行く事ができました。

ウミガメの産卵・ふ化について(2010年7月~9月)(PDF:292.7KB)

2010年版ウミガメの産卵・ふ化についての動画は下記リンクからどうぞ(音が出ます)

2010年版ウミガメの産卵・ふ化についての動画(WMV:9.2MB)

2014年、4年ぶりにウミガメが上陸、産卵しました。今回もたくさんの市民の方に見守られ、元気よく海へ旅立っていきました。2014年版ウミガメのふ化についての動画は下記リンクからどうぞ

2014年版ウミガメのふ化についての動画(WMV:63MB)

開設期間

7月上旬から8月下旬まで(開設期間は、年によって変更します。)

料金

駐車場 普通・軽自動車 1日1200円

シャワー 大人 400円・小人 200円 ロッカー 300円

開設期間・料金については、変更されることがあります。

住所

〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜

アクセス

南海本線樽井駅下車 徒歩 10分 阪神高速湾岸線 泉佐野南出口より和歌山方面へ5キロ

タルイサザンビーチウェブサイト

海水浴での注意事項

男里干潟

男里川の生物

泉南市と阪南市の境を流れる男里川河口にみられる大阪府沿岸域に今なお現存する干潟で、タイプとしては、河口干潟に属し、底質は砂質、砂泥質、泥質である。規模が小さいが、塩生植物や、ハクセンシオマネキなどの珍しいカニも見られます。また、周年にわたって、シラサギ、ユリカモメが飛来し、バードウォッチングにも利用されています。

住所

大阪府泉南市男里川河口付近

アクセス

南海本線樽井駅から徒歩約30分もしくは、コミュニティバス南方面回り「樽井駅前」バス停より「温水プール前」下車すぐ

砂川奇勝

(写真)砂川奇勝写真

砂川公園の一角に残る大自然の遺物。和泉砂岩の風化した崩土が堆積し、再び隆起してできています。堆積、隆起を繰り返しているため、数千万年前の貝や魚の骨の化石なども出土しています。

白い砂岩と、周りの松の木の緑が美しく、夏はこかげとなり子供たちの絶好の遊び場となっています。他の公園にはない、大自然の滑り台に挑戦してみては…

住所

〒590-0504 大阪府泉南市信達市場31 -128付近

アクセス

JR阪和線 和泉砂川駅下車 徒歩 20分

JR阪和線 和泉砂川駅下車 コミュニティバス砂川方面回り「砂川台団地北」下車

岡中の大樟(おおくす)と長岡王子跡

岡中の大クス

樹齢500年とも800年とも言われている岡中鎮守社の大樟は大阪府の天然記念物でもあり、大阪みどりの百選にも指定されています。樹幹の周囲は根元では12メートルほどあり、枝がおおう面積は300平方メートルにもなります。
また、この岡中の鎮守社の旧地を高城宮との説明が付されていることから、この地に長岡王子跡があったとする説もあります。今となってはその真実は確かめることはできませんが、大きな樟の木陰に立って、熊野詣で賑わった古(いにしえ)におもいをめぐらしてみてはいかがですか。

 

住所

〒590-0523 大阪府泉南市信達岡中618

アクセス

JR阪和線和泉砂川駅下車 徒歩 15分

南海本線樽井駅、もしくはJR阪和線和泉砂川駅下車 コミュニティバス 南方面回り「岡中」下車徒歩約5分

里山の自然学校 紀泉わいわい村

(写真)里山の自然学校紀泉わいわい村の写真

和歌山県との府県境に近い堀河ダム周辺が金剛生駒紀泉国定公園として国定公園化されたことにより、里山のくらしと自然体験ができる、里山の自然学校紀泉わいわい村がオープンしました。
紀泉わいわい村では、自然体験や里山生活体験、季節あそび体験など、様々なプログラムが用意されていますので、是非、里山の良さを味わってみてはいかがでしょうか。

住所

〒590-0511 大阪府泉南市信達葛畑207

アクセス

JR阪和線和泉砂川駅下車、南海本線樽井駅下車、市コミュニティバス山方面回りもしくは、南海ウイングバス「童子畑」バス停より徒歩約60分

阪和自動車道泉南ICより泉佐野岩出線を岩出方面へ案内看板を左折

問合せ先

電話番号 072−485−0661

里山の自然学校紀泉わいわい村ホームページ

青少年の森

(写真)青少年の森写真

健全な青少年の育成を図ることを目的として、毎年夏に開設されます。自然の中での集団生活をとおして青少年が自然に親しみ、たくましい体づくりと規律ある生活経験を実践する場として多くの子供たちに活用されています。
また、施設内には、野鳥観察施設や、大屋根教室、林間学習広場、森林学習歩道などが整備され、様々な活動に活用されています。

お菊松

お菊松の碑

関白豊臣秀次の子として生まれたお菊は、紀州山口村の代官の嫡男に嫁いでいました。 大坂夏の陣の際、大坂城に密書を届けるために、街道を避け山路の風吹峠を越え、堀河谷から松の大木がそびえる納経山にたどり着き、ここで、お菊は、髪を切り男姿に身をやつし、無事大坂城にたどり着いたと伝えられています。しかし、徳川方の捕らわれの身となり享年20才にて処刑されるという悲しい悲話が伝えられています。

住所

大阪府泉南市新家

アクセス

JR阪和線新家駅下車、徒歩約100分もしくはコミュニティバス新家方面回り「新家公民館」バス停より「高野」下車徒歩約75分

泉南市まちあるき観光マップ

泉南市まちあるき観光マップ「恋するせんなん」は、以下のリンクからご覧ください。

泉南市まちあるき観光マップ

お問い合わせ
産業観光課
商工労働観光係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-8191
ファックス番号:072-483-0206
e-mail:sinkou@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。