金熊寺の梅林

(写真)金熊寺梅林遠景、2008年3月撮影

泉南市の山間部、東信達地区にある金熊寺は梅の名所として古くから知られており、いまも春の訪れとともに甘酸っぱい薫りを運んできます。近くには、金熊大権現が祀られていた信達神社があり、金熊寺梅林とともに大阪みどりの百選にも選ばれました。また、梅林の隣地には、見事な盆梅庭園も催され、梅林とはちがった梅の良さを味わうことができます。

例年の見頃は、2月中頃から3月中頃です。 

金熊寺梅林の見ごろ情報(平成29年度分)

(平成29年2月6日より更新開始しました)

金熊寺梅林へのアクセス

金熊寺梅林周辺の散策マップ

金熊寺梅林の見ごろ情報(平成28年分)

金熊寺梅林の見ごろ情報(平成27年分)

金熊寺梅林の見ごろ情報(平成26年分)

金熊寺梅林の見ごろ情報(平成25年分)

金熊寺梅林の見ごろ情報(平成24年分)

金熊寺梅林の見ごろ情報(平成23年分)

金熊寺梅林の歴史

古くから泉州の梅の名所として知られ、往時には観梅の頃となると茶亭数軒がならび、見晴らしのよい所に席を設け、観梅客に茶菓子やお酒を販売していました。

金熊寺のうめ栽培の歴史は古く、江戸時代初期(1647年)、時の信達神社神主「矢野氏」に、「この地に梅樹を植えると神領益々隆盛となる」のお告げがあり、矢野氏一族及び土地の人々の手によって栽培されたもので、1898年に印刷された泉州金熊寺梅渓全図を見てみると、根来街道に沿って六尾から桜地蔵付近まで梅林が続いています。

金熊寺川をはさみ、一帯は、「口の千本」、「人目千本」、「中の千本」等と呼ばれていました。

特産

金熊寺の梅干しは、肉厚で種が小さく良質で知られています。

また、梅酒は、適度に甘みがあり上品な味がします。

泉南市では、金熊寺梅林についての情報を発信していますが、どのような情報を発信してほしい等のご意見・ご希望をメールでお寄せください。

お問い合わせ
産業観光課
商工労働観光係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-8191
ファックス番号:072-483-0206
e-mail:sinkou@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから