臨時福祉給付金(経済対策分)

平成26年4月から消費税率引き上げに伴う負担を緩和するため、臨時福祉給付金(経済対策分)を支給します。この給付金は、消費税率引き上げ(8%→10%)が2年半延期されたことを踏まえ、国の経済対策の一環として、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分を一括して支給します。

 

申請に必要なもの

・申請書

・印鑑

・本人確認書類の写し(注意:対象者全員分)

住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証、パスポート、健康保険証(写真なし)等

外国人の方の本人確認書類は、在留カード、特別永住者証明書等

すべて有効期限が過ぎていないものに限ります。

注意:本人確認措置をとった後に発行されるマイナンバーカード(個人番号カード)は本人確認書類となりますが、マイナンバーの通知カードは本人確認書類にはなりませんので、ご注意ください。

・指定した口座が確認できる書類の写し

申請者ご本人名義の金融機関名、口座番号、口座名義人がわかる通帳やキャッシュカード

確認じゃ

支給の対象となる方

 

  1. 基準日(平成28年1月1日)時点で泉南市に住民登録がある方。
  2. 平成28年度の市民税(均等割)が課税されていない方。
  3. 平成28年度の市民税(均等割)が課税されている方の扶養親族等(16歳未満の年少者含む)として申告されていない方。
  4. 生活保護制度等の受給者等でない方。

注意:支給決定日までに亡くなられた方は対象になりません。

 

支給額

 

支給対象者1人につき1万5千円。

注意:1回限りの支給となります。

 

申請受付期間

 

申請対象と思われる方に4月下旬に申請書をお送りします。

平成29年4月28日(金曜日)から平成29年10月30日(月曜日)まで

注意:期間中に申請が行われなかった場合、給付金を支給できませんので、ご注意下さい!

 

給付金をよそおった振り込め詐欺にご注意ください

・市や厚生労働省などが、ATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。

・ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。

・市や厚生労働省などが「臨時福祉給付金」や「高齢者向けの給付金」、「障害・遺族基礎年金受給者向けの給付金」、「臨時福祉給付金(経済対策分)」給付のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

・現時点で市や厚生労働省などが住民の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは絶対にありません。

・ご自宅や職場などに市や厚生労働省の職員などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら迷わず最寄りの警察署(泉南警察署:電話471-1234)または警察相談専用電話(#9110)へご連絡ください。

お問い合わせ

泉南市臨時福祉給付金担当専用ダイヤル

電話  072‐447‐5592

ファックス番号 072‐483‐7667

受付時間 午前9時~午後5時30分(土・日・祝日を除く)

厚生労働省給付金専用ダイヤル

電話 0570‐037‐192

IP電話からの場合 03‐6627‐1290、06‐7731‐2370

ファックス番号 06‐6645‐6278

開設時間 午前9時~午後6時(土・日・祝日も開設。)

 

 

 

関連リンク

厚生労働省「臨時福祉給付金(経済対策分)」

お問い合わせ
生活福祉課
福祉給付係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-3472もしくは072-483-3474
ファックス番号:072-483-7667
e-mail:seikatsu-f@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから