国民健康保険被保険者証について

 国民健康保険に加入すると、被保険者のお一人ずつに1枚、国民健康保険被保険者証を交付しますので、次の点に注意して大切に取り扱ってください。

  • 医療機関にかかるときは、必ず窓口で提示してください。
  • 他人に貸したり、借りたりしないでください。
  • コピーや有効期限の切れたものは、使用しないでください。
  • 他の健康保険制度に加入したときや、住所が変わったりしたときは、必ず届け出てください。
  • 国民健康保険被保険者証は、10月31日が有効期限です。
  • 11月1日から使える新しい保険証を、毎年、10月下旬に簡易書留郵便で送付します。集金により納付の人は、集金人が10月納期分の集金時に持参します。
  • 保険証の記載内容に間違いがあったり、なかなか届かなかったりした場合は、お早めにお問合せください。なお、古い保険証は、保険年金課へ返却するか、ご自身で裁断し処分してください。
  • また、「自分は違う保険証を使っているのに、国保からも保険証が来た」などの場合は、国民健康保険を脱退する届出が済んでいないためと思われますので、早めの手続きをお願いします。
  • 保険税の滞納を続けている人は、保険年金課で納付相談をしていただき、納付計画(分割等)をたてた上での更新となります。納付相談は該当する人に10月下旬に順次通知しますが、指定日に限らず受け付けておりますので指定日以降に来庁してください。
  • なお、毎月10日(土、日、祝日の場合は翌執務日)に夜間相談窓口(17時45分から20時)を開設しておりますので、昼間仕事等で来庁できない場合はご利用ください。

 2009年10月からの戸籍の電算化に伴い、住民基本台帳上の氏名の文字記載が変更されましたので、被保険者証における氏名の文字記載についても、変更させていただいている場合がありますので、ご了承ください。

国民健康保険証の被保険者証の交付について

新しい国民健康保険被保険者証を10月下旬に発送します

 現在の保険証(国民健康保険被保険者証)の有効期限は、毎年10月31日までとなっております。つきましては、新しい保険証を10月下旬に世帯主あてに郵送しますので、お手元に届きましたら記載内容に間違いなどがないかご確認ください。

個人ごとのカード型になっています

 泉南市国民健康保険の被保険者証は、平成24年度から個人ごとのカード型になり、大きさも名刺などと同じぐらいのサイズになりま した。診療を受けるときは、必ず本人の保険証を(高齢受給者証や各種受給者証をお持ちの方は一緒に)医療機関に提出してください。

 

  • 被保険者証は台紙に貼り付いていますので、はがしてお使いください。
  • 被保険者証の裏面には、新たに臓器提供意思表示欄を設けています。(記入は任意です。)
  • 個人情報保護シール(臓器提供意思表示欄の目隠し用)も台紙からはがしてお使いください。
  • 被保険者証が小さくなりますので、紛失などに注意し大切に保管してください。
  • 被保険者証の有効期限は、11月1日から10月31日までの1年間ですが、後期高齢者医療制度の関係で、有効期限が個人ごとに異なる場合があります。

 

お問い合わせ
保険年金課
保険年金係
健康保険担当
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-3431
ファックス番号:072-483-0325
e-mail:kokuhonenkin@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから