まちかどスナップネット版

「ええとこいっぱい!せんなんかるた」でまちの魅力を新発見

かるたをたのしむ子どもたち

 夏休み真最中のこの日、せんなんかるた普及実行委員の方々が、かるたを携え砂川小学校を訪問しました。せんなんかるたは、子どもたちに市内の歴史や名所等を楽しみながら学んでもらいたい、という有志の方々のふるさとへの愛が詰まった、泉南市にしかないカルタです。
 大きなサイズのせんなんかるたを使ったカルタ遊びに児童は大盛り上がり!実行委員の方々から札に書かれた絵の説明や、由来を聞き、子どもたちはふるさとについて、新たな魅力を発見した様子でした。 (8月3日)

まちかどスナップネット版ロゴ

「ええとこいっぱい!せんなんかるた」でまちの魅力を新発見

第2回せんなん夏祭り、今年も盛大に開催!

盆踊りの様子

 今回で2回目となるせんなん夏祭り。参加団体も増え、市内各地区に伝わる伝統的な音頭、踊りが披露され、老若男女総勢約300名の浴衣姿の踊り子が、泉南の夏の夜を盛り上げました。音頭に合わせた踊り子の舞に、若い衆の威勢のいい掛け声が合わさると、踊りの輪は昨年にも増して活気づきました。観客も掛け声で参加し、会場は一体感に包まれました。最後に行われた総踊りでは、皆さん一緒にやぐらを囲み、夏の夜空に江州音頭が響きました。 (8月4日)

まちかどスナップネット版ロゴ

第2回せんなん夏祭り、今年も盛大に開催!

ドキドキ、驚き新発見の地引網体験

地引網体験の子どもたちの様子

 岡田浦砂浜で、地引網体験が行われました。どんな魚が見られるのか、ドキドキワクワクの子どもたち。「よいしょ、よいしょ。」の掛け声に合わせて、力いっぱいに網を引き寄せました。海中から姿を見せてきた網の中には、エイやタコ、小さなサメ等たくさんの生き物が!子どもたちは触ったり、威勢よく持ち上げたりと大はしゃぎ。泉南の海にさまざまな生き物がいることを学ぶ、新しい発見もあったようです。夏の良い思い出となったことでしょう。 (7月30日)

まちかどスナップネット版ロゴ

ドキドキ、驚き、新発見の地引網体験

消防職員から学ぶ、上級救命講習会

実習の様子

 もし家族や友達が倒れたら…あなたはまず何をしますか?この日、泉州南広域消防本部では上級救命者講習が行われ、受講者は人命救助の現場経験が豊富な消防職員から、AEDの使用方法や心肺蘇生の実習、止血法等の講義を受けました。「1分1秒を争う救助の現場。救急車が到着するまでの間の適切な処置が要救助者の命をつなぐのです。」と話す消防職員の言葉から、皆さん初期救護の重要性をあらためて認識したようでした。 (7月30日)
 

まちかどスナップネット版ロゴ

消防職員から学ぶ、上級救命講習会

お問い合わせ
秘書広報課
秘書広報係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-0002
ファックス番号:072-483-0325
e-mail:hisyo@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから