新型コロナのワクチン接種について

最新状況

新たな予約枠の開設について

10月4日(月曜日)から10月24日(日曜日)までの期間に1回目の接種をしていただける予約枠及び11月14日(日曜日)までの2回目接種の予約枠を新たに開設しましたので、接種を希望される方は予約を行った上で接種してください。

妊婦と配偶者等へのワクチン接種について

感染拡大により、出産を控えた妊婦等の感染リスクが高まっています。

特に、妊娠後期は、新型コロナウイルスに感染した場合、重症化しやすい傾向があります。妊婦のご家族も接種することが妊婦を守ることにつながります。
接種をご希望の場合の接種可能医療機関をご紹介いたしますので、下記までお問合せください。(ご予約はご本人から直接医療機関にしていただきます。)

尚、妊婦の方は接種前に必ず、かかりつけ医へ相談の上、接種してください。

問い合わせ先

泉南市コールセンター 06-6621-1029
ワクチン接種推進チーム 072-479-5672

新型コロナウイルスワクチン予防接種証明書

ワクチンパスポート

12歳以上の皆さま

7月12日(月曜日)から、12歳以上の方皆さまにワクチン接種予約を行っていただけます。

ご希望の医療機関や日時をあらかじめ決めて、接種券をお手元にご用意の上、予約を行ってください。(下記PDF接種医療機関一覧を参考にしてください。)

1回目と2回目の予約を同時に行ってください。

また、65歳以上の方や基礎疾患をお持ちの方なども引続き、接種予約ができます。

接種医療機関一覧(PDF:322.3KB)

泉南市のワクチン接種状況【9月24日現在】

ワクチン接種記録システム(VRS)による速報値(参考値)です。

ワクチン接種状況(12歳以上人口55,154人に対する比率)
  接種率 接種者数
1回目接種の状況

72.5%

40,002人

2回目接種の状況 64.0%

35,291人

全国や大阪府の接種状況は、政府CIOポータルを参照してください。

下記の点にもご留意ください

12歳から17歳までの方

ファイザー社のワクチンは12歳から、武田/モデルナ社のワクチンは18歳からの方が接種できるとなっていますので、18歳に満たない方は武田/モデルナ社のワクチンを接種することはできません。ご注意ください。

また、前後に他の予防接種を行う場合は2週間以上の間隔をあけてください。

12歳から15歳までの保護者の方へ

接種する場合は、予診票の署名欄に保護者の氏名を署名してください。
接種時は、基本、保護者の同伴が必要です。また、母子健康手帳もご持参ください。

接種間隔について

ファイザー社のワクチンは、標準として、1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に2回目を接種することになっていますが、一番早くて19日後に接種を受けられます。それより前には受けることができませんのでご注意ください。

また、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、出来るだけ早く2回目の接種を済ませてください。

また、他の予防接種を前後に接種する場合は、2週間以上の間隔をあけてください。

--------------------------------------------------------------------

【9月号広報紙】ワクチン接種説明チラシ(PDF:955.9KB)

【8月号広報紙】ワクチン接種説明チラシ(PDF:570.6KB)

【7月号広報紙】ワクチン接種説明チラシ(PDF:572.5KB)

大阪府コロナワクチン接種センター(大阪府大規模集団接種)

自衛隊大規模接種センターの概要・予約サイト案内(予約受付案内)【防衛省ページ】

65歳以上の方

接種がまだお済でない方は、引続き予約を行ったのち、接種を受けてください。

また、1回目の接種を済ませた方や接種日が確定している方で、2回目接種の予約をされていない方は、必ず予約を行ってください。

泉南市独自優先接種について

現在、65歳以上の方に対するワクチン接種を進めているところですが、市内医療機関の 全面的なご協力により、順調に進んでおります。

そのような中、65歳以上の方への接種予定であった、6月中旬から下旬にかけての予約枠について余剰が出てきていますので、下記対象者に対して優先的に接種を開始することとしました。

この対応は、64歳以下の方への接種券送付準備が整うまでの隙間を有効的に活用することを目的に、特に早い段階で接種を行っていただくことが職務上必要であると判断した者に対する緊急的な措置ですので、ご理解をよろしくお願いします。

対象者

〇高齢者施設等従事者
〇市内公立学校園に従事する教職員(留守家庭児童会含む)
〇市内保育施設に従事する職員
〇市清掃収集業務に従事する者
〇市業務で訪問等の業務に従事する職員

関係資料

泉南市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(PDF:2.8MB)

新型コロナワクチンについて(厚生労働省)

接種についてのお知らせ(厚生労働省)

新型コロナワクチンについてのQ&A(厚生労働省)

新型コロナワクチンについて(首相官邸)

ワクチン接種のお知らせ(PDF:677.6KB)

ワクチン接種についての説明書(PDF:319.2KB)

ワクチン接種を受けた後の注意点(PDF:662.2KB)

ワクチン接種問合せ

泉南市コールセンター

06-6621-1029(平日9時から17時まで)

8月1日から、土日祝除く、平日17時までとなっていますのでご理解ください。

住民や医療機関からの問合せ

ワクチン接種推進チーム

072-479-5672(平日9時から17時30分)

住民や医療機関からの問合せ

泉南市立保健センター内

聴覚障害などお持ちの方はファックス482-1668までお問合せください

大阪府コールセンター

06-6635-2047(24時間対応)

医学的知見が必要となる専門的な相談、副反応など、市町村では対抗困難な問合せ

厚生労働省コールセンター

0120-761-770(平日土日祝9時から21時)

コロナワクチン施策の在り方等に関する問合せ

接種優先順位

国では、全国民分のワクチンの数量の確保を目指しています。
大量のワクチンは、徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。
ワクチン接種順位(予定)は以下のとおりです。

  1. 医療従事者等
  2. 65歳以上の方(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 12歳以上64歳までの方で、基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方、60歳から64歳までの方
  4. 12歳以上64歳までの方で、1~3以外の方

接種券の発送

国が示す優先順位に応じて、12歳以上64歳までの方で、基礎疾患を有する方や高齢者施設等従事者、60歳から64歳までの方及びそれ以外の方に6月25日(金曜日)に接種券を発送します。

詳細情報は、同封のチラシや広報紙、市ウェブサイトなどでお知らせしますので、ご確認ください。

原則、住民票登録地への郵送となりますが、諸事情により住民票登録地以外へ接種券の郵送を希望する場合は、送付先変更届を提出してください。

送付先

590-0504 泉南市信達市場1584-1(泉南市立保健センター)

 ワクチン接種推進チーム

送付先変更届(PDF:94.2KB)

接種場所

泉南市では、身近な通いなれたかかりつけ医での接種を中心に作業を進めており、

市内28か所の個別接種医療機関にご協力をいただいています。

また、集団接種も保健センターでも行うこととしていますのでご利用ください。

尚、個別接種医療機関は下記となっています。

 

○青木整形外科(樽井5-37-17)○イッセイ心臓内科クリニック(樽井2-33-12)○稲葉医院(北野1-5-5)○大阪晴愛病院(新家3469-1)○大阪府済生会新泉南病院(りんくう南浜3-7)○くれクリニック(牧野601-1)○白井病院(新家2776)○しんめん内科クリニック(市場222-1)○腎・循環器もはらクリニック(大苗代1123-22)○すずもと耳鼻咽喉科(樽井2-33-27)泉南大阪晴愛病院(中小路2-1860-1)○泉南新家クリニック(新家1801)○曽和内科クリニック(樽井5-37-15)○第五なぎさクリニック(岡中936-1)○長束クリニック(新家630-4)○西森医院(牧野361-10)○西山内科循環器科医院(牧野886-1)○野上病院(樽井1-2-5)○フラワ―クリニック(中小路2-1837-1)○堀越内科(岡田3-9-25)○松本内科胃腸科(新家3179-5)

接種予約

ワクチン接種を受けるには、必ず事前の予約が必要です。(予約には接種券に記載の内容が必要となります。)

予約受付は、4月30日(金曜日)の午前9時からすべての予約方法で開始いたします。

予約方法には、電話予約(06-6621-1029)、ウェブ予約、LINE予約、直接医療機関への予約がありますので、ご活用ください。

尚、LINE予約は1アカウントで1人の予約しかできませんので、ご注意ください。

ウェブ予約サイト

公式LINE登録

住民票がある場所(住所地)以外での接種について

・泉佐野泉南医師会圏域では、かかりつけ医が泉南市以外(泉佐野市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町)の場合で、その医療機関での接種をご希望の方は直接、かかりつけ医にご予約を行い、接種できる連携体制をとっています。

・住民票がある市町村で接種を受けることが原則ですが、例外として、下記の場合など実際にお住いの地域で接種を受けることもできます。

・届出の申請後、「住所地外接種届出済証」、「住民票所在地の接種券」及び「本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証・健康保険証等)」を持って、接種の予約をした医療機関にて接種を受けてください。

市町村への申請が不必要な方

・入院・入所中の医療機関や施設でワクチンを受ける方→ 医療機関や施設でご相談ください。

・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方→ 医療機関でご相談ください。

・災害による被害にあった方

・拘留または留置されている者、受刑者

市町村への申請が必要な方

・出産のために里帰りしている妊産婦、遠隔地へ下宿している学生や単身赴任者

・DVやストーカー行為など、児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者など

住所地外接種の申請方法

接種を行う市町村(泉南市での接種を希望する場合は泉南市)に事前申請が必要です。

(1)窓口申請

発行済の接種券の写し(コピー)を持って、ワクチン接種推進チーム(泉南市立保健センター2階)の窓口へお越しください。

(2)郵送

下記の書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、発行済の接種券の写し(コピー)を添付してご提出ください。(郵送料は、自己負担となります。)

切手を貼付けした送付先記入の返信用の封筒を同封してください。

提出は、ワクチン接種推進チームまで

(590-0504泉南市信達市場1584-1 泉南市立保健センター内)

住所地外接種届(PDF:148.4KB)

住所地外接種届(EXCEL:13.6KB)

接種券の再発行について

ワクチン接種を受けるためには、接種券が必ず必要です。

下記の場合など、再発行申請が可能ですのでご利用ください。

申請方法

(1)郵送申請

下記の申請書をご記入の上、ワクチン接種推進チーム(泉南市信達市場1584-1)に郵送申請してください

(2)窓口申請

下記の申請書をご記入の上、ワクチン接種推進チーム(泉南市立保健センター2階泉南市信達市場1584-1)までお持ちください

(3)電話申請

新型コロナワクチン接種推進チーム(479-5672)へご連絡ください

聴覚障害などお持ちの方はファックス482-1668までお問合せください

接種券再発行申請書(PDF:252.1KB)

(4)web申請

下記のサイトから申請してください。

接種券再発行申請(新型コロナウイルス感染症)【厚生労働省】(外部リンク)

ワクチン接種推進チームについて

泉南市では、個人の健康を守り、感染の蔓延を防ぐため、新型コロナウイルスワクチン接種について、迅速かつ適切に接種を推進することを目的に、泉南市新型コロナウイルス感染症対策本部内にワクチン接種推進チームを設置し、2月12日よりチームを立上げ、準備を進めています。

設置については、泉南市立保健センターの2階を事務室としています。

尚、連絡先は下記のとおりです。

072-479-5672(平日9時から17時30分)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。