アボカドを種から育てよう01

新しい生活様式に基づいた公民館講座始動!!

アボカドを2つに切った画像コロナ禍でも、多くの方々に公民館講座を受講していただくため、
新しいタイプの公民館講座を考えました。

あえて受講生を集めず
ポスターや冊子、ウェブサイトなどで講座内容をお伝えします。

ぜひ、この機会に「新型公民館講座」を体験してくださいね。

第1弾は、公開ガーデニング講座「アボカドを種から育てよう♪」です。

 

 

その概要は

本講座では、普段は捨てているアボカドの種を育てて

・園芸技術を学びながら、ここがポイントと言っている女の子の絵

・自然と共に生きる素晴らしさを体感します。

人類は、太古から自然の中で生きてきました。

しかし、現在、自然と触れ合う時間が少なくなっています。

緑と触れ合えば、人間本来が持つ五感が活性化し、体調が良くなると言われています♪

参考までに・・・ 「園芸療法」などの単語で検索してくださいね。

ということで、公開講座を始めます♪

 

アボカドの展示している写真

アボカド栽培01

01_アボカドを食べて、残った種を洗って、少し乾燥させます。

洗った種の画像

02_発芽促進のため、種の皮をむきます。

種の皮をむいている画像

03‗写真のような紙ポットと、受け皿を用意します。

紙ポッドと受け皿の画像
紙ポットは、そのまま植え替えることができ、時間が経つと土になります。
ホームセンターや100円ショップ、園芸店などでも購入できます。

04_ポットに園芸用の土を入れます。

紙ポッドへ土を入れる画像

土も、ホームセンターや100円ショップ、園芸店などで購入できます。
種まき用の土もありますよ。

05_種は、少し細くなった方を上にして、
半分くらい隠れるように植えます。令和2年6月27日
アボカドの上下の見分け方
種を半分ぐらい見えるようにして植えた画像

06_お皿両方に水を入れます
水を入れている画像

07_水が染みていきます。受け皿の水は切らさないようにしてください。
水がポットしみていく様子

08_6月28日現在、発芽を待っています。第2弾へ続く♪
植え終わった種の様子6月28日

 

現在、下記のような状態で栽培しています。

午前中は、樽井公民館内の2階へ上がる階段の途中
2階展示状態

 

午後からは、樽井公民館の西側庭内の日当たりの良いところ
午後からの様子

近くに寄って見た状態

西側庭内へ移動した様子

それでは、第2弾へ続きます。


お願い

公民館で育てているアボカドを見学に来るときは、
必ず、マスクをつけて来てください。
また、他の人がいたら、2メートル程度の間隔をあけて、見てくださいね。

マスクをしたウサギの画像

講座内容を詳しく解説したガイドブック、
ポスターなどの関連資料は、下記のリンクにあります。
ぜひ!チェックしてくださいね♪

アボカドを種から育てよう関連資料集

お問い合わせ
文化振興課
公民館係(樽井公民館)
〒590-0521大阪府泉南市樽井六丁目11番16号
電話番号:072-483-4361
ファックス番号:072-483-4380
e-mail:tarui-k@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから