感染拡大防止のための新しい生活様式について

マスク着用の考え方について(令和4年5月30日)

本市では、マスク着用の考え方について、国の令和4年5月23日に示された「基本的対処方針」に基づき、対応することとしています。

マスク着用の考え方
 

約2m以上の距離が確保できる

約2m以上の距離が確保できない
  屋 内 屋 外 屋 内 屋 外

会話あり

マスク着用推奨 マスク必要なし マスク着用推奨
会話ほとんどなし マスク必要なし マスク着用推奨 マスク必要なし

・高齢の方と会う時や病院に行く時は、マスクを着用する。

・夏場は、熱中症防止の観点から、屋外の「マスク必要なし」の場面で、マスクを外すことを推奨する。

小学校就学前の児童のマスクの着用について

・2歳未満(乳幼児)は、引続き、マスクの着用は奨めない。

・2歳以上は、保育所等では、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない。

尚、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる。

厚生労働省チラシ(PDF:1.5MB)

あなたとあなたの大切な人を守るための『新しい生活様式』

これからは、日常生活と感染拡大防止対策を両立していく必要があります。感染拡大を予防するために「新しい生活様式」を日常生活に取り入れましょう

【感染防止の3つの基本】

  1. 人と人との距離(2メートル)をとる
  2. マスクの着用
  3. こまめな手洗い

※これから暑い季節を迎えます。マスクの着用機会が多くなりますが、熱中症には十分ご注意ください。

【日々の暮らしの感染予防】

  • 咳エチケット
  • こまめに換気
  • 3密(密集・密接・密閉)回避
  • 毎朝、体温測定・健康チェック
  • 発熱時の症状がある場合は、無理せず自宅で療養

【買い物】少人数で、すいた時間に、計画を立て短い時間で

【食事】おしゃべりはなるべく控えて、対面でなく横並びで

【運動】広い場所でゆっくりと、ジョギングや散歩は少人数で

【移動】感染流行地域の行き来や、帰省や旅行は控えめに

【公共交通機関】混雑する時間は避け、徒歩や自転車利用も併用

【仕事】テレワークや時差出勤、換気とマスクを

新しい生活様式

新しい生活様式チラシ(PDF:185.5KB)

わからないこと、気になることがありましたら、相談窓口にご相談ください。

相談窓口(PDF:231.3KB)

お問い合わせ
保健推進課
保健推進係(保健センター)
〒590-0504大阪府泉南市信達市場1584番1号
電話番号:072-482-7615
ファックス番号:072-485-1621
e-mail:hokencenter@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。