人権講座・イベント案内(令和2年度開催分)

2020人権啓発講座(オンライン開催)

新型コロナウイルス感染症の拡大により、大阪府に2度目の緊急事態宣言が出され、私たちはこれまでに経験したことのない生活を余儀なくされています。同時に、社会的なハンディキャップを抱えた方々は、より大きな困難を抱え、行政等からの情報が届かなかったり、情報が届いても動けなかったり、社会から取り残されがちになります。コロナ禍での障害者の生きづらさや困難について学び、障害のある方がコロナ禍をどう感じているのか、行政や周りの人に何を望んでいるのかなどについてお話を伺います。障害のあるなしにかかわらず、みんなが支え合って暮らしていけるまちづくりについて一緒に考えましょう。

とき

3月18日(木曜日)午後2時30分~午後4時30分(オンライン開催)

今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、オンラインで実施します。

内容

「コロナ禍が浮き上がらせた障害者にとっての恐怖と脱施設への希望」

講師

今村 登(いまむら のぼる)さん (DPI日本会議事務局次長)

受講方法

ZOOMでのオンライン開催です。

パソコン、スマートフォン、タブレット等の端末でオンライン(Zoom)での学習環境が必要です。各自で学習できる場所、機材等を確保してください。

定員

20名(申込制・先着順)

参加費

無料

但し、インターネット等の通信料については、受講者の負担になります。

インターネット接続は、固定回線(光回線・ケーブルテレビ等)や通信容量

無制限のWi-fi環境(モバイル Wi-fi や固定回線+Wi-fi ルータ)をお勧めします。

申込み

電話、ファックス、ハガキ、Eメールで

住所・氏名・電話番号・Eメールアドレス・手話通訳の要否

を明記の上、人権推進課人権推進係まで。

申込締切:3月10日(水曜日)

問合せ

人権推進課人権推進係(電話:072-480-2855、 ファックス番号:072-482-0075、 Eメール:jinken@city.sennan.lg.jp

 

2020人権啓発講座チラシ(PDF:1.3MB)

2020人権啓発リーダー養成講座 子どもと高齢者をつなぐ「多世代交流のまちづくり」講座(終了しました)

少子高齢・核家族化が進み、かつてあったご近所同士の助け合いや地域・人とのつながりが希薄になり、孤立や孤独死等の問題が起きています。

希薄化している地域の絆を取り戻すため、誰もが安心してふれあえる温かな関係・地域づくりについて、みんなで一緒に考えてみませんか。

 

とき・内容・講師

【第1回】1月15日(金曜日)午前10時~午前12時(中止させていただきます)

今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、第1回は中止させていただくこととなりました。みなさまのご理解をよろしくお願いいたします。

【理解を深めるためのコミュニケーションを考える】

講師:大谷 眞砂子(おおたに まさこ)さん(じんけん楽習塾)

居場所の中でも団体活動の中でも大切なのは“コミュニケーション”。人に寄り添うコミュニケーションの取り方について学び、聞き上手な大人を目指しませんか。

【第2回】1月21日(木曜日)午前10時~午前12時(オンライン開催)

今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、第2回はオンラインで実施します。

【「幼老共生ケアと地域大家族」の居場所づくり】

講師:岡田 裕(おかだ ゆたか)さん(「団地の寺子屋」事務局)

団地にある集会所を利用し、多世代が交流することができる居場所づくりの取組について、お話を伺います。“みんなの居場所”をつくるヒントを事例から探ってみませんか。

【第3回】2月4日(木曜日)午後1時30分~午後3時30分(オンライン開催)

今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、第3回はオンラインで実施します。

【若い世代を真ん中においた地域づくり】

講師:佐藤 萌香(さとう もえか)さん(阪南市社会福祉協議会)

高齢者と子どもをつなぐ活動の取組について、お話を伺います。“子どもが高齢者支援の担い手になる地域づくり”のヒントを事例から探ってみませんか。

受講方法

第2回、第3回については、オンライン(ZOOMを使用)での実施です。

パソコン、スマートフォン、タブレット等の端末でオンライン(Zoom)での学習環境が必要です。各自で学習できる場所、機材等を確保してください。

定員

20名(申込制・先着順)

参加費

無料

但し、インターネット等の通信料については、受講者の負担になります。

インターネット接続は、固定回線(光回線・ケーブルテレビ等)や通信容量無制限のWi-fi環境(モバイル Wi-fi や固定回線+Wi-fi ルータ)をお勧めします。

申込み

電話、ファックス、ハガキ、Eメールで住所・氏名・電話番号・Eメールアドレスを

人権推進課人権推進係まで。

申込締切:【第2回】1月18日(月曜日)、

               【第3回】2月1日(月曜日)

人権週間イベントスケジュール(終了しました)

1.人権週間懸垂幕・のぼりの掲示

とき・ところ

11月26日(木曜日)〜12月10日(木曜日) 泉南市役所本庁周辺

2.人権作品展

とき

11月24日(火曜日)〜11月29日(日曜日) 10時〜20時

ただし、24日(火曜日)は15時から。

ところ

イオンモールりんくう泉南 2階イオンホール

内容

市内保育園所、幼稚園、認定こども園、小・中・高等学校、支援学校の子どもたち、識字教室の皆さんの作品、市民公募による写真・標語

問合せ

人権推進課(電話番号:480-2855)

 

3.泉南市人権協会・泉南市人権擁護委員 合同出張相談

とき

11月29日(日曜日)10時~12時

ところ

イオンモールりんくう泉南 2階 イオンホール

相談内容

  • 就労支援:障害者、ひとり親家庭の母親、中高年齢者や若年者の就労困難な方
  • 進路支援:経済的理由等により就学が困難な方
  • 人権相談:人権侵害を受けた方
  • 生活相談:生活上の様々な困難を抱えた方

費用

無料

その他

秘密は厳守されますので、安心してご相談ください。

問合せ

一般社団法人泉南市人権協会(電話番号:485−1401)

人権推進課(電話番号:480−2855)

4.特設人権相談

とき

12月7日(月曜日)・8日(火曜日)の各日 14時〜16時

ところ

泉南市役所 1階 市民相談室

内容

人権擁護委員が相談に応じます。

費用

無料

その他

秘密は厳守されますので、安心してご相談ください。

問合せ

人権推進課(電話番号:480-2855)

5.「2020人権週間『市民の集い』」中止させていただきます)

この度、新型コロナウイルス感染症の急激な拡大により、大阪モデルの警戒レベルがレッドステージへ移行されました。

このような状況を受け、本市におきましても、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、2020人権週間「市民の集い」を中止させていただくことになりました。

何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

とき

12月6日(日曜日)14時から15時30分(開場13時30分)

ところ

泉南市総合福祉センター(あいぴあ泉南)大会議室

内容

松村元樹(まつむらもとき)さん(公益財団法人反差別・人権研究所みえ 常務理事兼事務局長)による講演

「既存差別が生み出した新型コロナ差別」

入場料

参加無料、事前申込必要、先着順(定員80名程度)

一時保育

1歳以上就学前の子どもで定員は12名(多数の場合抽選)。希望者は11月27日(金曜日)までに、電話かファックス、Eメールで人権推進課へ

その他

手話通訳あり

新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、中止となる可能性があります。

問合せ

人権推進課

(電話:480-2855、ファックス:482-0075、Eメールjinken@city.sennan.lg.jp

2020人権週間「市民の集い」(PDF:1.5MB)

2020年度人権啓発講演会(終了しました)

「部落差別解の解消の推進に関する法律」が平成28年12月に施行されました。

この法律は、現在もなお「部落差別」が存在すること、また、国や地方公共団体の責務として、部落差別解消に関する施策を講じ、相談体制の充実や教育・啓発、実態調査を行うことを明示しています。

今回の講演会では、講師自らが体験した部落差別について、また、インターネット上で拡散される被差別部落出身者に対するデマや偏見による差別書き込みについお話していただきます。

部落差別の現状を知り、部落差別を今もなお存在する課題として認識し、部落差別のない社会をつくっていくにはどうすればいいかについて皆さんと一緒に考えたいと思います。

講師

川口 泰司(かわぐちやすし)さん

(一般社団法人 山口県人権啓発センター事務局長)

とき

10月27日(火曜日)午後2時~4時

ところ

泉南市総合福祉センター(あいぴあ泉南)1階 大会議室

内容

「寝た子」はネットで起こされる?!

~ネット社会と部落差別の現実~

入場料・申込み

参加無料、事前申込必要、先着順(定員80名程度)

その他

手話通訳あり

一時保育

1歳以上就学前の子どもで定員は12名(多数の場合抽選)。希望者は10月16日(金曜日)までに、電話かファックス、Eメールで人権推進課へ

その他

新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、中止となる可能性があります。

問合せ

人権推進課

(電話:480-2855、ファックス:482-0075、Eメールjinken@city.sennan.lg.jp

 

2020人権啓発講演会チラシ(PDF:540.2KB)

2020ヒューマンライツセミナー 「コロナ・くらし・じんけん~この半年を振りかえる~」(終了しました)

新型コロナウイルス感染症の拡大により、これまでに経験したことのない生活を余儀なくされ、同時にコロナウイルスに関するデマや感染者、医療従事者またその家族に対してへの誹謗中傷が発生するなど、様々な課題も見えてきました。

本講座では、メディアとの向き合い方や、コロナ禍での生活・気持ちを共有しながら、思いやりの心を広げていくために、一人ひとりができることを一緒に考えましょう。

 

とき・内容・講師

【第1回】9月10日(木曜日)午後1時~午後3時

『コロナ禍のメディアと私たち 「問い」を持って向き合うために』

その情報は正しいの?メディアとの向き合い方について学びましょう!
<講師>西村寿子(にしむらひさこ)さん(メディアリテラシー研究所)

【第2回】9月17日(木曜日)午前10時~午前12時

『わたしの経験・あなたの思い-気持ちをふりかえる』
コロナ禍で何を感じていますか?みんなで気持ちを共有しましょう!
<講師>栗本敦子(くりもとあつこ)さん(Facilitator's LABO〈えふらぼ〉)

【第3回】9月24日(木曜日)午前10時~午前12時

『今だからわかること・気づくこと-社会の出来事、なにがあった?』
臨時休校要請・緊急事態宣言…あの時の生活・気持ちを振りかえりましょう!
<講師>栗本敦子(くりもとあつこ)さん(Facilitator's LABO〈えふらぼ〉)

【第4回】10月1日(木曜日)午前10時~午前12時

『こんな時こそ大事にしたいのはー不安にのみこまれないために』
ロールプレイを通じてお互いを思いやる気持ちを育みましょう!
<講師>栗本敦子(くりもとあつこ)さん(Facilitator's LABO〈えふらぼ〉)

ところ

市民交流センター 2階大会議室

定員

20名(申込制・先着順)

参加費

無料

一時保育

定員6名(1歳以上就学前の子どもが対象・多数の場合は抽選)

共催

1回目の講座は、ファミリーサポートセンター共催事業です

申込み

電話、ファックス、ハガキ、Eメールで住所・氏名・電話番号、手話通訳及び一時保育の要否、一時保育を希望される場合は、子どもの名前(ふりがな)・生年月日・性別を明記の上、〒590-0592(住所不要)人権推進課「2020ヒューマンラツセミナー」係へ。

申込締切:【第1回】9月4日(金曜日)、【第2回】9月9日(水曜日)、

               【第3回】9月16日(水曜日)、【第4回】9月23日(水曜日)

 

 

2020ヒューマンライツセミナーチラシ(PDF:834.9KB)

その他

新型コロナウイルス感染拡大の状況により中止となる可能性があります。

問合せ

人権推進課(電話:072-480-2855、 ファックス番号:072-482-0075、 Eメール:jinken@city.sennan.lg.jp

お問い合わせ
人権推進課
人権推進係
〒590-0521大阪府泉南市樽井九丁目16番2号
電話番号:072-483-6447または072-480-2855
ファックス番号:072-482-0075
e-mail:jinken@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。