子どもの権利条例市民モニター制度

子どもの権利条例市民モニター制度とは

泉南市子どもの権利に関する条例の第16条では、市は条例の運営状況と実施状況について、定期的に検証すると定めています。

その検証に役立てるために設けられたのが、「子どもの権利条例委員会」と「市民モニター制度」です。

市民モニター制度は、広く子どもや市民から意見や提案を募るための仕組みです。

市民モニターには、おとなモニターと子どもモニターがいます。年に2回程度の市民モニター会議に参加して、泉南市の子どもの権利に関する条例が、どのように実施されているのかの報告を受け、一人ひとりの感じていることや、考えていることを出し合います。これらの意見は条例委員会が、報告書に反映させていきます。

年度末には、2回の会議を振り返って、書面にて意見や提案を提出していただいています。

市民モニターは、泉南市が「子どもにやさしいまち」になるよう、「子どもの権利に関する条例」を豊かに育てていく役割を担います。

子どもの権利条例市民モニターになるには

令和元年度の市民モニターの募集は、広報せんなん6月号で行いました。人数に余裕がありましたので、第2回会議まで、引き続き募集致しました。

おとなモニター:泉南市在住で、満18歳以上の方 5名程度

子どもモニター:泉南市在住で、小学5年生~18歳未満の方 5名程度

その結果、令和元年度の市民モニター会議に参加した延べ人数は、おとなモニター10名、子どもモニター10名でした。

 

子どもの権利条例市民モニター会議の経過

子どもの権利条例市民モニター会議の実施日と内容
年度 実施日 内容
平成27(2015)年度 平成28年1月23日(土曜日)

条例について聞きたいこと・知りたいこと

条例について考えたいこと・大切にしたいこと

条例について知りたいこと・わかち合いたいこと

平成27年度市民モニター会議の感想(PDF:313.5KB)

 
年度 実施日 内容
平成28(2016)年度
 
平成28年度12月26日(月曜日)

条例の広報、啓発について

配布時の反応と提案

平成29年3月18日(土曜日)

子どもの居場所について

主体的に取り組んだ活動

平成28年度市民モニター会議の感想(PDF:280.2KB)

 
年度 実施日 内容
平成29(2017)年度
 
平成29年8月9日(水曜日)

子どもの居場所について

私のお気に入りの場所

子どもの相談・救済について

相談相手、相談を受ける時の工夫

平成29年12月16日(水曜日)

子どもの居場所について

泉南市立青少年センターの現状

泉南市立青少年センターの新たな運営と活動に向けて

居心地の良い場所とはどんな場所か

平成29年度市民モニター会議の感想(PDF:210.9KB)

 
年度 実施日 内容
平成30(2018)年度
 
平成30年8月20日(月曜日)

子どもの居場所について

泉南市立青少年センターについて

希望するイベントや学習

どのような工夫が必要か

平成30年12月26日(水曜日)

子どもの相談・救済について

子どもオンブズパーソン制度についての学習と意見交換

平成30年度市民モニター会議の感想(PDF:130.9KB)

 
年度 実施日 内容
 
令和1(2019)年度
 
令和1年8月2日(金曜日)

せんなん子ども会議について

子ども参加について

学校・地域・家庭で参加できていること

令和1年12月26日(木曜日) 第7次泉南市子どもの権利条例委員会報告内容ついて

令和1年度市民モニター会議(PDF:108.5KB)

お問い合わせ
人権推進課
人権推進係
〒590-0521大阪府泉南市樽井九丁目16番2号
電話番号:072-483-6447または072-480-2855
ファックス番号:072-482-0075
e-mail:jinken@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。