新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険料(税)の減免

新型コロナウイルス感染症の影響により主たる生計維持者(世帯主)の死亡又は重篤な傷病を負った世帯もしくは事業収入、給与収入等が減少し一定の要件に該当する方は、申請により保険料(税)を減免する制度があります。なお、申請期限は令和3年3月31日までとなります。事前に電話等でお問い合わせください。

対象者

1. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者(世帯主)が死亡し、または重篤な傷

    病を負った世帯の方

2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者(世帯主)の事業収入、不動産

    収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれ、次の要件に全て

    該当する世帯

 

   <保険料(税)が一部減額される具体的な要件>


   ア  世帯の主たる生計維持者(世帯主)の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠

        償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3

        以上であること


   イ  世帯の主たる生計維持者(世帯主)の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること


   ウ  減少することが見込まれる世帯の主たる生計維持者(世帯主)の事業収入等に係る所得

        以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

 

ただし、給与収入等で非自発的失業者に該当する方(雇用保険受給資格者証の離職理由の理由コードが「11・12・21・22・31・32・23・33・34」の方)は非自発的失業者の軽減措置をご申請ください。

保険料の減免額について

1. に該当する場合は全額免除

2. に該当する場合

    対象保険料(税)額(表1)に減免割合(表2)を乗じた金額が保険料(税)の減免額となりま

    す。

【計算方法】

対象保険料(税)額      ×       減免割合       =       保険料(税)の減免額
     (A×B/C)                       (d)
   表1より算出                表2の減免割合
 

 

表1  対象保険料(減免の対象となる保険料)の求め方
対象保険料(税)額=(A)×(B)/(C)

(A):当該世帯の被保険者全員について算定した保険料(税)額

(B):世帯の主たる生計維持者(世帯主)の減少することが見込まれる事業収入等に係る

           前年の所得額

(C):被保険者の属する世帯の主たる生計維持者(世帯主)及び当該世帯に属する全ての

           被保険者につき算定した前年の合計所得金額

 

 

表2  減免割合

世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額

減額また免除の割合(d)
300万円以下であるとき 減免対象の保険料(税)額の全額
400万円以下であるとき 8割
550万円以下であるとき  6割
750万円以下であるとき 4割
1,000万円以下であるとき 2割

事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、適用となる対象保険料

  (税)額の全部を免除することができます。

適用となる保険料(税)

・令和2年度分の保険料

・令和元年度分の保険税(令和2年2月1日から令和3年3月31日までの普通徴収の納期限が設定

   されているもの。特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日。)

申請に必要なもの

       1. 令和2年中の減少した収入状況が分かる書類等

2. 申請書(ダウンロード可)(EXCEL:22KB)

       3. 令和2年度納付通知書

       4. 国民健康保険証

       5. 印鑑

お問い合わせ
保険年金課
保険年金係
健康保険担当
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-3431
ファックス番号:072-483-0325
e-mail:kokuhonenkin@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから