研修・講習会

研修・交流会

協力・両方会員募集中!(ちらし)(PDF:596.2KB)

協力・両方会員の研修会

泉南市ファミリー・サポート・センターでは、協力・両方会員が安心して子どもを預かれるように、下記の研修を行っています。
協力・両方会員が援助活動を始めるためには、下記13講座のうち、「子どもの事故防止とケガの応急手当」「食生活とアレルギーの予防」「子どもの健康状態の把握と急病やアレルギー症状の対処について」「子どもの心肺蘇生法」の4講座を受講してからになります。また、この4講座は更新講座として3年目の年度から2年間にすべての受講が必要です。

協力・両方会員の研修会
  テーマ 内   容
1 泉南市の子育て事情と親子支援 泉南市の子育てを取り巻く環境を知り、子育て支援の役割を考えましょう。また、保護者の心を受け止めるにはどうしたらよいでしょうか。
2 子どもの身体発達 子どものからだの成長を学びましょう。
3 子どもの事故防止とケガの応急手当

子どもに起こりやすい事故と大人の注意で事故を防止する方法を学びます。また、ケガをした場合の対処法を学びましょう。

4 子どもの健康状態の把握と急病やアレルギー症状の対処について 子どもの健康状態の観察方法や急な発熱、嘔吐、下痢やアレルギー症状が出た場合の対処法を学びましょう。
5 食生活とアレルギーの予防 食生活やアレルギーについて考えましょう。正しい知識を得ることが大切です。
6 子どもの心肺蘇生法 万が一、事故が発生した時の子どもに対する人工呼吸法、胸骨圧迫などの救命手当を実習しましょう。
7 子どもの生活 子どもが快適に過ごすための環境づくりを考えましょう。
8 子どもの遊び 年齢に応じた遊びの紹介をします。家庭にある身近なものを使って遊びながら、子どもとの時間、空間を楽しみましょう。
9 障害のある子どもについて 子どもの障害の特徴について理解し、関わり方や注意点を知りましょう。みんな違って当たり前。一人ひとりを大切にする子どもとの関わりを考えましょう。
10 子どもの心について 子どもを受けとめ、子どもの心に向き合うには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。
11 もっと知ろう、ファミサポ ファミサポの活動の様子ってどんな感じ?活動事例を聞き、ルールを再確認しましょう。また、講座中に感じたこと、思ったことをお互いに交流しましょう。
12 子どもと絵本 年齢に合った絵本の選び方や絵本を介して、子どもたちとのコミュニケーションの取り方について学びましょう。
13 子どもの人権 子どもとの関わりは一人ひとりを大切にする、尊重する、というところから始まるのではないでしょうか。わたしたちの“子ども観”を問い直し、自分の言葉で権利について考えましょう。

今までの研修会

交流会

泉南市ファミリー・サポート・センターでは、会員のみなさんがお互いに交流できるように、いろいろな交流会を企画しています。

次回の交流会の予定

今までの交流会

お問い合わせ
家庭支援課
家庭支援係(ファミリーサポートセンター)
〒590-0521泉南市樽井一丁目8番47号
(あいぴあ泉南3階)
電話番号:072-483-9665
ファックス番号:072-483-9665
e-mail:familysupport@city.sennan.osaka.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。