離婚届

離婚には、夫婦の話し合いによる協議離婚と、裁判所が関与する裁判離婚の2種類があります。

協議離婚

ご夫婦の本籍が泉南市にない場合は、戸籍謄本が必要です。

婚姻する際に氏を改めた人は、離婚によって、もとの戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るかのどちらかになります。

離婚後も婚姻中の氏を称したい場合は、離婚届と同時に戸籍法第77条の2に規定する届を同時に提出してください。この場合は、もとの戸籍には戻れません。新しい戸籍が作られます。

未成年の子供がある場合は、親権者をどちらか一方に決めなければいけません。

届出人の署名押印欄は、婚姻中の氏名で署名・押印してください。(印鑑は、夫婦別の印鑑をご使用ください。シャチハタ等のスタンプ印は不可です。)

証人は、2名必要です。20歳以上の方であれば誰でもかまいません。

裁判離婚

家庭裁判所の許可がいります。

裁判離婚の場合はお問い合わせ下さい。

関連リンク

子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A

お問い合わせ
市民課
記録管理係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-7791
ファックス番号:072-483-0325
e-mail:shimin@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから