障害福祉関連のお知らせ

旧優生保護法による優生手術などを受けた方へ

平成31年4月24日に、議員立法により 「旧優生保護法一時金支給法(以下「法」 という)」が成立し、公布・施行されました。

法の前文では、旧優生保護法の下、多くの方々が生殖を不能にする手術・放射線の照射を受けることを強いられ、心身に多大な苦痛を受けてきたことに対して、我々は、それぞの立場において 真摯に反省し、心から深くおわびする旨が述べられています。

法に基づき、優生手術などを受けた方に一時金を支給いたします。 

請求手続きやお問い合わせなど詳しくは、下記のファイルをクリックしてご覧ください。

旧優生保護法による優生手術などを受けた方へ(PDF:822.3KB)

難病等の方々が障害福祉サービスの対象となります

平成25年4月から施行された障害者総合支援法では、障害者の範囲に難病等の方々が加わりました。対象となる方(令和3年11月から366疾病に拡大されました)は、身体障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた障害福祉サービスが受給できます。

対象となる疾病は下記のファイルをクリックしてご覧ください。

障害者総合支援法の対象疾病一覧(令和3年11月から)(PDF:205KB)

障害のある方に対する航空旅客運賃の割引について

障害のある方に対する航空旅客運賃割引について、一部の航空運送事業者において、適用範囲を拡大し、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方に対しても航空旅客運賃の割引制度が適用されるとともに、身体障害及び知的障害のある方に対する割引についても、障害の程度に関わらず手帳を提示できる方全員に対して、介護者一名まで割引を適用することになりましたので、お知らせします。

(注釈) JALグループが平成30年10月4日~、ANAグループが平成31年1月16日~など、適用開始時期や割引額等は航空会社によって異なります。詳細は,各航空会社の支店,営業所,指定代理店にお問い合わせください。

身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳の交付者名が変更になります

平成29年1月より、大阪府から手帳交付事務の権限移譲を受け、交付者名を「泉南市」とする手帳の交付を広域福祉課で行います。

なお、申請などの手続きは、従来通り障害福祉課で受付を行います。

これまでに、大阪府が交付した手帳は権限移譲後も有効です。

障害等級などにより、平成29年1月以降の申請受付分であっても、大阪府が交付する場合があります。

 

「障害者差別解消法」が施行されました

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる「障害者差別解消法」)が平成28年4月1日から施行されました。

この法律は、障害のある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指しています。

障害者差別解消法では、「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮をしないこと」が、差別になります。

「不当な差別的取扱い」の例

・「障害がある」という理由だけでスポーツクラブに入会できない

・店に入ろうとしたら、車いすを利用しているという理由だけで断られた

「合理的配慮をしないこと」の例

・視覚障害がある人に書類を渡すだけで読み上げない

・聴覚障害がある人がいるのに、音声でのみ情報を提供する

 

泉南市では、障害者差別に関する相談を行います。

 

障害者差別に関するご相談は下記へご連絡ください。

・福祉保険部障害福祉課(電話:072-483-8252)

・総合政策部人権推進課(電話:072-480-2855)

 

リーフレット「障害者差別解消法が制定されました(わかりやすい版)」(PDF:580.6KB)

泉南市における障害を理由とする差別の解消の推進に関する職員対応要領を作成しました

国連の「障害者の権利に関する条約」の締結に向けた国内法制度の整備の一環として、すべての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重しあいながら共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的として、平成25年6月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる障害者差別解消法)が制定され、平成28年4月から施行されました。

この法律では、行政機関や事業者による「不当な差別的取扱い」の禁止及び「合理的配慮」の提供などについて定めており、行政機関等は、これに対応するため、「対応要領」を定めるものとされています。

 

「不当な差別的取扱い」とは・・・障害のある人に対して、正当な理由なく、障害を理由として、財、サービスや各種機会の提供を拒否する、又は提供にあたって場所や時間帯等を制限する、障害者でない者に対しては付さない条件を付けること。

 

「合理的配慮」とは・・・障害のある方が、日常生活や社会生活で受けるさまざまな制限をもたらす原因となるような社会的障壁を取り除くために、障害のある方に対し、個別の状況に応じて行われる配慮。(例:車いす利用者のために段差に携帯スロープを渡す。筆談、読み上げ、手話、点字、拡大文字などによるコミュニケーション。)

 

泉南市では、法の趣旨のもと、積極的に取組を推進するため、職員を対象とした「泉南市における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領」を策定しました。

泉南市における障害を理由とする差別の解消の推進に関する職員対応要領(PDF:252.9KB)

「障害者虐待防止法」が施行されました

障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)が平成24年10月1日から施行されました。

虐待は障害者の尊厳を傷つける許されない行為です。

また、障害者の自立や社会参加をすすめるためにも虐待を防止することが非常に重要です。

泉南市では、障害のある方の自立と自己決定を尊重し、よりよい地域生活を支援していくために、障害のある方に対する虐待の通報・届出の受付や相談を行います。

虐待防止法のチラシ(PDF:278.4KB)

お問い合わせ
障害福祉課
障害福祉係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-8252
ファックス番号:072-480-2134
e-mail:kousyou-f@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。