新生児聴覚検査

新生児聴覚検査助成事業が始まりました(平成30年4月1日より)

泉南市では、生後に受けられた「新生児聴覚検査」の費用を助成します。

生まれつき聞こえ(聴覚)に問題がある赤ちゃんは、1000人に1人から2人といわれています。早期に発見し、適切な支援をおこなうことが、赤ちゃんの心と言葉の成長のためにとても大切です。

聞こえ(聴覚)の障害は気づかれにくいため、早期に発見するために「新生児聴覚検査」を受けましょう。

対象者

泉南市の住民で、「新生児聴覚検査」を受けた生後1か月0日以内の新生児(平成30年4月1日以降に出生した児)の保護者

検査方法

自動聴性脳幹検査(自動ABR)または、耳音響放射検査(OAE)

通常は、出生後入院中に検査を行います。

助成金額

・自動聴性脳幹検査(自動ABR) 上限5,000円

・耳音響放射検査(OAE) 上限1,500円

持ち物

新生児聴覚検査受検票(兼結果通知書)、母子健康手帳、健康保険証など

受検方法

直接、医療機関等にお申込みください(基本的には出産後入院している産院等での受検となります。)

助成方法

1.指定医療機関で検査を受ける場合

妊娠届出時に発行する「新生児聴覚検査受検票(兼結果通知書)」を医療機関に

提出し、検査費用から助成額(自動ABR:5,000円、OAE:1,500円)を差し引いた額

を医療機関の窓口でお支払いください。

 

指定医療機関

指定医療機関
指定医療機関 住所 電話番号
りんくう総合医療センター 泉佐野市りんくう往来北2-23 469-3111
谷口病院 泉佐野市大西1-5-20 463-3232
笠松産婦人科・小児科 阪南市鳥取中192-2 471-3222
ながまつレディースクリニック 阪南市鳥取628-1 472-3788
あかね・レディースクリニック 貝塚市石才552 436-3541
おさきマタ二ティクリニック 貝塚市堀2-19-15 423-1103

2.指定医療機関以外で検査を受ける場合

受検票の規定の範囲内で事業費を還付します。下記の1)から5)をお持ちのうえ、

泉南市立保健センター窓口までお越し下さい。

1)新生児聴覚検査受検票(兼結果通知書):医療機関記入欄を医療機関に記入

してもらってください。

2)母子健康手帳:医療機関に結果を記入してもらってください。

3)聴覚検査の費用がわかる領収書(診療明細書)の原本

4)認印

5)振込口座のわかるもの

・償還払いの申請は、聴覚検査を受けた日から1年以内です。

 

お問い合わせ
保健推進課
保健推進係(保健センター)
〒590-0504大阪府泉南市信達市場1584番1号
電話番号:072-482-7615
ファックス番号:072-485-1621
e-mail:hokencenter@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから