警察官や銀行協会職員をかたる詐欺

警察官や銀行協会職員をかたる詐欺が起きています。警察官(捜査員)が現金を引き出すよう指示したり、キャッシュカードを預かったりすることは絶対にありません。銀行協会の職員が暗証番号を聞き出すことも絶対にありません。

典型的な手口

第一段階警察官(捜査員)をかたる電話

犯人は大阪府警の警察官(捜査員)を名乗り、被害者宅に電話をかけ、
「あなたの口座が不正に使われている」
「犯人を捕まえたが、あなたの口座情報が漏れている」
「悪用されるかもしれない。銀行協会から連絡がある」等と告げる。

第二段階銀行協会等をかたる電話

次に、犯人は、銀行協会等の職員をかたり、
「大阪府警から連絡を受けた」
「あなたの口座からお金が引き出される可能性がある」
「残高を直ぐにおろしたほうが良い」
「職員を行かせるので、お金をおろして、すぐに預けてほしい」
「預かったお金は、安全な新しい口座を作って、そこに入金するので大丈夫」等と電話をかけ、現金を受け取りに来る。

その他、犯人は言葉巧みに暗証番号を聞き出し、キャッシュカードを受け取りにあらわれる場合もあります。

防犯対策

  • 自分だけは騙されないと思わないこと。
  • 警察官や銀行協会をかたる不審な電話があれば、一旦電話を切り、最寄りの警察署に連絡してください。
  • 不審な電話があれば、必ず、家族や友人、そして警察や消費生活センターに相談してください

問合せ

大阪府泉南警察署生活安全課防犯係(電話番号072-471-1234)