固定資産税についてのQ&A

質問:地価が下がっているのに土地の税額が上がるのはなぜ?

答え

地域や土地によって評価額に対する税の負担に格差が見受けられるのは、税の負担の公平の観点から問題があることから、平成9年度以降負担水準(評価額に対する課税標準額の割合)を均衡化させることを重視した措置が講じられてきました。
具体的には、負担水準の高い土地は税の負担を引き下げたり、据え置いたりする一方、負担水準の低い土地については緩やかに税の負担を引き上げていくしくみとなっています。
従って、土地の税額が上がっているのは、地価が上昇している場合を除けば、負担水準が低い土地に限られています。

質問:今年、急に固定資産税が高くなりました。なぜでしょうか?

答え

新築の住宅に対しては次のような場合が考えられます。

  • 新築住宅の軽減措置の適用期間が終了した。(一般住宅は新築後3年度分、マンションなど中高層耐火住宅などは新築後5年度分)
  • 前年中に新たに土地や家屋を取得した。
  • 農地を宅地にしたなど、土地の現況が変わった。

その他の要因による場合がありますので、不明な場合は税務課課税係固定資産税担当まで問い合わせてください。

質問:最近、土地と建物を売りました。今年の固定資産税はだれが払うのでしょうか?

答え

固定資産税は毎年1月1日(賦課期日)現在の所有者に対して課税されます。 したがって、原則として今年度分の納税通知書に記載されている納税義務者が、今年度分の全額について納税義務を負うこととなります。

詳しくは、税務課課税係固定資産税担当までお問い合わせください。

この説明は、平成31年4月現在のものです。 地方税法の改正等に伴い、変更されている場合があります。

お問い合わせ
税務課
課税係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-9031または072-483-9032
ファックス番号:072-483-0325
e-mail:kazei@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから