日本赤十字社の活動

赤十字社とは

赤十字社(せきじゅうじしゃ)とはスイス人実業家アンリ・デュナンの提唱により創立された、「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」の7原則を掲げて、世界各国に存在する人道的活動団体です。

赤十字は、1864年の誕生以来、140年以上にわたり世界各地で活動を続けてきました。その目的は、赤十字の理想とする人道的任務を達成することにあります。今や赤十字は、世界中ほとんどの国に組織があり、世界最大のネットワークを持った、民間の人道機関として知られています。これからも、国境、宗教、人種を超えて、人の命や健康、尊厳を守るため、様々な人道的活動を推進していきます。

日本赤十字社は、世界186カ国ある赤十字・赤新月社の一つで、国内単独の民間組織です。しかし、その成立は日本赤十字社法(1952年8月14日法律第305号)に基づいて設置された法人です。また赤十字事業の公共性と国際性にかんがみ制定されたものであるため、世界各国の赤十字・赤新月社と協力して、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう努めなければならないと規定されています。

そして、災害救助法の定めるところにより、行政が行う非常災害時の救護業務に従事するなど国、地方公共団体に協力してその補完的役割を果たすべきとされている特殊法人に位置づけられています。また日本赤十字社の活動は、社員(会員)からの社費(会費)と一般の方からの寄付によって支えられています。

泉南市との連携

(写真)泉南市との連携写真

日本赤十字社(博愛社)が設立されて以来、地方長官(知事)にその事務を依頼してきたという歴史的経緯、あるいは日本赤十字社の業務が地方公共団体の行政目的、すなわち住民及び滞在者の安全健康及び福祉の保持、あるいは防災、罹災者の救護などの面で、地方公共団体とは密接な関係にあります。日本赤十字社の本社は東京に、支部は各都道府県庁の所在地におかれています。各支部管内には地区と分区があり、地区は区と衛星都市、また分区は町村にあります。つまり泉南市長は日本赤十字社の大阪府支部の泉南市地区長となります。

日本赤十字社大阪府支部の主な活動

(写真)日本赤十字社活動写真

(日本赤十字社大阪府支部「平成18年度事業報告書」より引用)

詳しい活動及びお知らせは日本赤十字社大阪府支部のページをご覧下さい。

募金の結果報告

平成23年度の大阪府支部泉南市地区の募金(社員増強運動)の結果は下記のとおりでした。

2012年3月31日現在、2,422,050円

これらはすべて泉南市地区長から日本赤十字社大阪府支部へ送金されております。ご協力ありがとうございました。

よくある質問(Q&A)

Q1 日本赤十字社はどのような機関ですか?

A1 日本赤十字社は、日本赤十字社法(1952年8月14日法律第305号)という法律に基づいて設置された特殊法人です。(特殊法人とは、特別の法律に基づいて設けられる法人のことです。)
日本赤十字社法は、赤十字事業の公共性と国際性とに鑑み制定されたものであり、日本赤十字社が世界各国の赤十字社と協力して、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう努めなければならないと規定しています。したがって、日本赤十字社は国の関連機関ではなく、あくまでも独立した民間の団体です。

Q2 日本赤十字社の活動の財源はどこからでているのですか?

A2 日本赤十字社は、人道の理念に基づき幅広い活動を行っていますが、それらの活動は様々な財源に基づいています。
まず、日本赤十字社が行う国際救援活動並びに国内の災害救護活動及び救急法に基づく講習普及活動をはじめとする様々な活動は、赤十字の活動に賛同いただいた皆様からの社費や寄付金によって実施されています。
また全国の赤十字病院はそれぞれの病院での診療収入に基づいて運営されています。特に血液事業は献血の受け入れから患者さんに血液をお届けするまでの経費を健康保険で定めた対価として医療機関からいただいており、主にこの収入で運営をまかなっています。

Q3 5月の「社員増強運動」と12月の「NHK海外たすけあい」との関連はどうなっているのですか?

A3 日本赤十字社は、世界185の赤十字社・赤新月社の主要な一員として、国際赤日本赤十字社は、世界の平和と人類の福祉増進に対する期待や要請に応えて、国際的評価にふさわしい役割を果たして行くため、国際活動を重点事業の一つに掲げて、その量的・質的な充実強化を期することとしております。
しかし、このためには社資(社費と寄付金を総称して、社資と呼びます)の増収を図って、これを実現することが必要ですが、日本赤十字社が実施している多くの事業のなかから国際活動のみの飛躍的な増額が望めないこともありますので、これに応えていくためには別途社資以外の面においてもこの資金の確保を図っていかなければなりません。
1983年から実施されている「NHK海外たすけあい」キャンペーンは、このような事情をふまえて国際援助機関としての役割を十分果たすとともに財政的には日本赤十字社の基本的な事業財源をなす社資とは別個に、国際活動を充実強化するための補完的財源として活用することとしています。

Q4 赤十字と共同募金(赤い羽根)とはどう違うのですか?

A4 日本赤十字社は、災害救護活動や血液事業において国や地方公共団体の業務に協力する機関として事業の推進にあたるほか、全世界の赤十字共通の理念である人道的見地から国内のみならず国外で発生した災害や戦争による被災者、また、保健衛生指導などの救援活動にもあたらなければなりません。この社会に戦争や災害、病気が消滅しない限り、人間の尊厳を確保し人々の苦痛を予防、軽減し、人類の福祉の増進に貢献する赤十字活動は続けなければなりません。
一方、赤い羽根で親しまれている共同募金会は、「社会福祉事業法」に基づいて設立された団体で、毎年10月1日から12月31日までの3ヵ月間を募金期間とし(12月は「NHK歳末たすけあい」)、その浄財は日本国内の民間の社会福祉施設や福祉団体に施設整備や地域福祉活動資金等として配分されます。

お問い合わせ
危機管理課
危機管理係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-479-3601
ファックス番号:072-483-0325
e-mail:kikikanri@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから