風しんの追加的対策~風しんの抗体検査及び風しんの第5期の定期接種~

風しんの追加的対策の主旨

風しんは、発熱及び発疹を主な症状とし、患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことにより人から人へ感染する、感染力の強い疾病です。妊娠中の女性が風しんに感染すると、生まれてくる子どもに眼や耳等の障がいを含む先天性風しん症候群(CRS)が生じる可能性があり、一度風しんがまん延すると、その影響を受けて先天性風しん症候群の発生も増加する傾向がみられます。

平成30年7月以降、特に関東地方において風しんの患者数が増加しており、患者の中心は30代から50代の男性です。

このうち、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、これまでの制度の変遷上、風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった世代であり、抗体保有率をみても、女性及びほかの世代の男性が約90%であるのに対し、当該世代の男性は約80%と低くなっています。このような状況から、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を風しんに係る定期接種の対象とし、公的な予防接種を1回受ける機会を設けることになりました。

風しんの追加的対策の内容

ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査(血液検査)を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の風しんの抗体がないことが判明した方に対し、風しんの第5期の定期接種を実施します。

実施期間

令和7年3月31日まで(3年間延長となりました。)

対象者

1.泉南市に住民登録がある「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性」

2.予防接種を実施するには、風しん抗体検査の結果、十分な抗体価がないことを確認できてからになります。

抗体検査は血液検査です。「十分な抗体価がない」とは、HI法に換算して抗体価8倍以下の場合をいいます。

検査法によって基準となる数値が異なります。詳しくは次の表をご覧ください

風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準(PDF:54.9KB)

風しんの抗体検査及び風しんの定期接種無料クーポン券について

★令和4年度のクーポン券について★

令和4年度はクーポン券の送付はしません。令和3年3月末に送付したクーポン券を使用してください。(有効期限が1年延長されました。)

有効期限が2022年3月と表示していても、2023年3月末(令和5年3月末)まで使用できます。

クーポン券を紛失された方は、保健センターで再発行しますので、お問合せください。

 

受け方

事前に実施医療機関や健診センター等へ予約の上、クーポン券シールと本人確認ができるもの(住所地が記載されているもの)を持参し、受診してください。

 

費用

無料です。ただし、クーポン券と本人確認ができるもの(保険証・運転免許証等)を持参してください。

 

実施医療機関等

泉南市実施医療機関一覧(PDF:125.5KB)

厚生労働省ホームページ/風しん抗体検査風しん第5期定期接種受託医療機関

お問い合わせ
保健推進課
保健推進係(保健センター)
〒590-0504大阪府泉南市信達市場1584番1号
電話番号:072-482-7615
ファックス番号:072-485-1621
e-mail:hokencenter@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。