ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種機会を逃した方への対応

キャッチアップ接種と償還払いのご案内

通常の接種対象年齢(小学6年生~高校1年生相当女子)の間に、接種機会を逃した方に、キャッチアップ接種を実施することになりました。(過去にHPVワクチンを合計3回接種されていない方)
厚生労働省の『HPVワクチンの接種を逃した方に接種の機会をご提供します』をよくご覧いただき、効果と副反応を理解した上で接種してください。
法律に基づいて実施していますので、キャッチアップ接種期間(令和4年4月1日から令和7年3月31日まで)をすぎると、任意接種(有料)になります。
また、通常の接種対象年齢(小学6年生~高校1年生相当女子)を過ぎて、令和4年3月31日までの間に、自費で受けた方には、償還払いを実施します。
払い戻しの申請は令和4年7月4日から令和7年3月31日の間に受付ます。

 

【キャッチアップ接種対象者】
平成9年4月2日生まれ~平成18年4月1日の間に生まれた女性で、過去にHPVワクチン接種を合計3回受けていない方

このほか、平成18年4月2日生まれ~平成20年4月1日の間に生まれた女性は、通常の接種対象年齢を超えても、令和7年3月31日まで接種できます。

【キャッチアップ接種を受けられる期間】
令和4年4月1日~令和7年3月31日の3年間

【受け方】
指定医療機関に直接予約。

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種には、下記2種類のワクチンがあり、同一ワクチンで接種を終えてください。合計3回接種(過去の接種回数を含みます)


過去に、1回又は2回のワクチン接種歴があり、長期にわたり接種を中断していても、初回からやり直すことなく、残りの回数の接種となります。1回接種歴のある方は、残り2回分。2回接種歴のある方は、残り1回分。

 

2価ワクチン(製品名:サーバリックス)
1月の間隔をあけて2回行った後、1回目の接種から6月の間隔をあけて1回。
ただし、当該方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をあけて2回行ったあと、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上の間隔をあけて1回。

サーバリックス2価ワクチンの接種を受けるにあたっての説明書 (PDF:188.2KB)

4価ワクチン(製品名:ガーダシル)
2月の間隔をあけて2回行った後、1回目の接種から6月の間隔をあけて1回。ただし、当該方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をあけて2回行ったあと、2回目の接種から3月以上の間隔をあけて1回。

ガーダシル4価ワクチンの接種を受けるにあたっての説明書 (PDF:190KB)

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種予診票 (PDF:216.6KB)

【新型コロナワクチンとの接種間隔】
なお、ヒトパピローマウイルスワクチンの接種から、新型コロナウイルスワクチン接種を行う場合は、2週間以上の間隔をあけてください。新型コロナウイルスワクチンの接種から、ヒトパピローマウイルスワクチンの接種を行う場合は、2週間以上の間隔をあけてください。

【費用】
キャッチアップ接種対象年齢内で指定医療機関での接種であれば無料。
指定医療機関以外で接種する場合は、事前申請が必要です。

【携行品】
母子健康手帳(母子健康手帳がなければ接種歴が分かる予防接種済証)、医療保険証。予診票と説明書は指定医療機関に設置。

指定医療機関

泉南市指定医療機関
医療機関名    電話番号 所在地
イッセイ心臓内科クリニック (072)480-2270 樽井2-33-12
稲葉医院 (072)483-2679 北野1-5-5
大阪府済生会新泉南病院 (072)480-5618 りんくう南浜3-7
木村医院 (072)482-2220 樽井2-12-3
くれクリニック (072)485-0340 信達牧野601-1
しんめん内科クリニック (072)480-1160 信達市場222-1
中井内科医院 (072)483-2011 岡田5-30-3
長束クリニック (072)482-1220 新家630-4
西森医院 (072)483-2357 信達牧野361-10
西山内科循環器科医院 (072)485-1700 信達牧野886-1
堀越内科 (072)482-7676 岡田3-9-25
松本内科胃腸科 (072)485-2008 新家3179-5

 

阪南市指定医療機関
医療機関名    電話番号 所在地
笠松産婦人科・小児科 (072)471-3222 鳥取中192-2
阪口内科皮膚科クリニック (072)481-3939 箱作3505-2
辻レディ―スクリニック (072)470-0125 黒田590サンギャラリー2階
中井医院 (072)471-7376 尾崎町8-1-2
永松レディ―スクリニック (072)472-3788 鳥取628-1
阪南市民病院 (072)471-3321 下出17
松若医院 (072)471-1521 舞3-31-23
みなみ小児科 (072)472-7239 鳥取617-1
みやけファミリークリニック (072)473-7176 黒田387-1

泉佐野市、熊取町、田尻町でも接種できる医療機関がありますので、希望する場合は保健推進課までお問合せください。

HPVワクチンを自費で接種している場合の償還について

【対象】
平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女子で、令和4年4月1日に泉南市に住民登録があり、定期接種対象年齢(小学6年生~高校1年生相当女子)を過ぎてから令和4年3月31日までの間に、HPVワクチンの任意接種を受けた方

【申請方法】
下記1.~5.の書類を、保健推進課まで提出してください。
申請受付後、審査確認のうえ償還を決定し、払い戻しの手続きを行います。

提出書類
1.「ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書」
2.被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し
3.振込先の写し
4.接種費用の支払いを証明する書類(原本に限ります)
(領収書、明細書、支払い証明書等)
5.接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄の写し等)

申請者と被接種者が異なる、必要書類が不足している等の場合に、追加の書類を求めることがあります。

ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書1枚目 (PDF:72.4KB)

ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書2枚目 (PDF:140.4KB)

【償還申請受付期間】
令和4年7月4日~令和7年3月31日

【償還上限額】
接種時の市の委託料

【関連情報(厚生労働省)】

ヒトパピローマウイルスワクチンの接種を逃した方へ

お問い合わせ
保健推進課
保健推進係(保健センター)
〒590-0504大阪府泉南市信達市場1584番1号
電話番号:072-482-7615
ファックス番号:072-485-1621
e-mail:hokencenter@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。