研修・講習会

協力・両方会員の研修会

泉南市ファミリー・サポート・センターでは、協力・両方会員が安心して子どもを預かれるように、下記の研修を行っています。
協力・両方会員が援助活動を始めるためには、下記講座のうち4講座が必要です。

1.子どもの事故防止とケガの応急手当

2.子どもの健康状態の把握と急病やアレルギー症状の対処について

3.子どもの栄養と食生活

4.子どもの救命講習

(注釈)また、この4講座は2年間にすべての受講が必要です。(更新講座も同じ条件)

泉南市ファミリー・サポート・センター協力・両方会員研修内容
  テーマ 内容 講師 時間
1

子育て環境と親子支援

・泉南市の子育てを取り巻く環境や支援内容
・各支援に関する相談窓口の説明や紹介
・保護者の心によりそうためにできること

地域子育て支援センター ひだまり

1.5
2

ファミリー・サポート事業とは

・ファミサポ事業の趣旨及びルールの再確認
・こんな時どうしたらいいの?
・ちょっとブレイク、ハンドサインやマークなど

ファミリー・サポート・センターアドバイザー

1.5
3

子どもの栄養と食生活

・子どもの食生活や、アレルギーのある食物などについて、正しい知識を知る

管理栄養士

1
4

発達障害や個性のある子どもとの関わり方

・一人ひとりの個性を理解するためには
・子どもの障害の特徴と関わり方

子ども総合支援センター職員

2
5

子どもの救命講習

・万が一事故が発生した場合の、子どもに対する人工呼吸法、胸骨圧迫やAED使用を含めた救命手当てを、マネキンを使いながら実習をします

泉州南消防組合

救急救命士

3
6

子どもの遊びと絵本

・年齢に応じた遊びと絵本の紹介
・家庭にあるものを使い簡単なおもちゃを一緒に作り、共に過ごす時間を作りましょう

市立幼稚園 子育て支援担当

市立図書館 司書

2
7

子どもの身体発育

・子どもの身体や心の成長について

保健師又は看護師

3

子どもの健康状態の把握と急病やアレルギー症状の対処について

・子どもの健康状態の観察方法や急な発熱、嘔吐、下痢やアレルギー症状が出た場合の対処法を、画像や器具などを使いリアルに体感する

8

子どもの事故防止とケガの応急手当

・子どもに起こりやすい事故や、少し工夫することで事故を防止する方法
・万が一ケガをした場合の対処法など

保健師

3

子どもとの暮らしと日常のケア

・快適に過ごすために必要なケアと環境作り
・睡眠、体調調節、排せつ、清潔について学ぶ

保育士

9

子どもからのSOSにどう気づけば良いか

・児童虐待や不適切な養育が子どもに与える影響

・傷ついた子ども達やその保護者への支援

公認心理師

2
 

フォローアップ研修
「できますか?落ち着いて119」

・あなたの大切な人を守るために
・119番をかけたら、何から話せばいいの?
・落ち着いて正確に伝えるためには

泉州南広域消防本部 警防部

指揮指令課 指令センター員

1

(注釈)青文字が必修・更新講座

 

令和4年度の研修日程表(PDF:282.8KB)

お問い合わせ
家庭支援課
家庭支援係(ファミリーサポートセンター)
〒590-0521泉南市樽井一丁目8番47号
(あいぴあ泉南3階)
電話番号:072-483-9665
ファックス番号:072-483-9665
e-mail:familysupport@city.sennan.osaka.jp

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。