子どもの医療費助成制度

 子どもに係る医療費の一部を助成することにより、子どもの保健の向上に寄与するとともに、その健全な育成と福祉の増進を図ることを目的としています。

 令和5年4月1日から、18歳到達後の年度末(高校3年生)まで対象年齢を拡充します。

 令和5年4月からは黄色の医療証を使用してください。(うすむらさき色の医療証は4月以降にご自身で破棄してください。)

対象者

0歳〜15歳に達した日以後の最初の3月31日まで(中学3年生)の子ども

令和5年4月診療分から、0歳~18歳に達した日以後の最初の3月31日まで(高校3年生)の子ども

*ひとり親家庭医療受給者、生活保護受給者は対象外

対象医療

・保険適用の医療費

・入院時の食事療養費

・治療用補装具

*小児慢性特定疾病医療・育成医療・指定難病医療・精神通院医療等の公費負担医療制度を受けることができる場合は、公費負担医療証を優先的に使用してください。

交付手続き

 平成17年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、2月末に申請書を送付しました。申請書に必要事項を記入の上、家庭支援課まで提出いただいた方に医療証を交付します。

 平成19年4月2日~生まれの方は3月中旬に新しい医療証を送付しました。

 健康保険証等を持参の上、家庭支援課で手続きをしてください。

 申請についてご不明な場合は、お問い合わせください。

自己負担額について

一つの医療機関ごとに一日500円以内、同一医療機関についてはひと月の上限1,000円

同じ月に複数の医療機関を受診した場合、上限2,500円

院外調剤については、自己負担はありません。

大阪府外で医療機関を受診した場合

 大阪府外の医療機関を受診した場合は、医療費助成の申請をしていただくと助成を受けることができます。下記の書類を持参の上、家庭支援課で申請してください。

・領収書(医療点数の記載があるもの)

・振込先口座のわかるもの

・健康保険証

・子ども医療証

子ども医療証をお持ちの方へのおねがい

次の場合は届出をお願いします。

・加入している健康保険証が変わったとき

・市内で住所が変わったとき

・氏名や保護者が変わったとき

 

次の場合は届出と医療証の返還をお願いします。

・市外へ転出するとき

・ひとり親家庭医療を受給するとき

・生活保護を受けるようになったとき

・施設入所したとき(入所により公費で医療費の助成を受けることができるとき)

申請書のダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

家庭支援課
子ども給付係
〒590-0592大阪府泉南市樽井一丁目1番1号
電話番号:072-483-3472
ファックス番号:072-483-7667
e-mail:kateishien@city.sennan.lg.jp

お問い合わせはこちらから